30代でダンスを始める前に用意しておくこと

022413「ダンスは若い人がやるもの」「30歳を過ぎて始めるのは難しい
というイメージを持っていませんか?
決してそんなことはありません!最近では、30代からダンスを始める人も増えています。中でも昔ダンスをやっていたという経験者ではなく、まったくの初心者が多いように感じます。
ダンスを始めるのは、いくつになってからでも遅くはありません。ただし、10代や20代とは違って30代ならではの注意点はあります。今回は、30代からダンスを始めるときに、事前に用意しておいた方がいいことをご紹介します。

○始める理由
30代を過ぎてからダンスを始めるとよく聞かれるのが、「なぜダンスを始めようと思ったのか?」です。そんなものは人それぞれなのですが、聞く人も悪気があって聞くわけではありません。周囲の人から見たら、30代からダンスを始めるというのは不思議に思ってしまうらしいのです。

その時のために、事前に「始める(た)理由」を用意しておきましょう。何も本当の事を話さなくてもいいですよ。「健康のため」「新しい趣味を持ちたい」「若い頃から憧れていた」など理由は何でも構いません。こういう理由でダンスを始めたということを説明できるようにしておけば、教室に入ってスムーズに練習に打ち込めるようになります。

○最低限の体力
30代になるといつまでも10代や20代のように身体は動いてくれません。初心者の場合は簡単な動きから始めるので、基本的に体力がなくても大丈夫ですが、もし何年も運動をしていない場合は、軽い運動で身体を慣らしておいたほうがいいかもしれません。毎日15分程度で構いませんので、軽いジョギングやトレーニングをしておくと、レッスンについていけない、という事態は避けられるでしょう。

加えて重要なのがストレッチです。柔軟性はダンスの上達にも影響しますが、何より怪我しにくい身体を作るのに役立ちます。30代からダンスを始める方は仕事を持っている人が多いでしょう。ダンスの怪我が仕事に影響しないためにも、ストレッチは重要です。

○服装・シューズ
服装については動きやすい格好ならなんでも構いません。ダンスをするからといって、急にヒップホップダンサーのようなダボシャツに太めのスウエットパンツを履く必要はありません。大人の雰囲気の曲だったら、EXILEのようなスーツ系の服を着て踊っても良いでしょうし、女性はガールズ系のセクシーな服で踊ることもあります。
そもそもレッスンでは、ジャージやTシャツが普通です。レッスンには、一般的な動きやすい服装で来てください。

30代以上の人がダンスを始める時に必要なものについて紹介してきました。ご覧になられたように、30代だからといって特別なものは何もありません。ダンスをやってみたいという意思だけあれば結構です。まずはご連絡して頂き、体験教室に参加してください。きっと安心して教室に通えることができますよ。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。