自己採点はダンスの上達に必要?

476826ダンスを踊っていると「今のターンは上手くいった!」「このステップは上手く出来なかったな…」と思うことがあるでしょう。皆さんも、ダンス・レッスンのたびに自己評価をしていると思いますが、今回は“自己採点”に関する話題をお届けします。

■キッズクラスの子は極端
キッズ(3~5歳)の皆は、いつも素直で元気です。
「今日の踊りはどうでしたか?自分では何点でしたか?」と聞くと
・失敗がなければ、ニッコリ「100点」。
・ちょっと失敗しちゃったら、半分の「50点」。
・間違えちゃったところが多いと「0点」。
――キッズクラスの場合は、大体この3種類です。

■中高生にみられる自己認識の違い
中高生の自己採点は、性格やダンスに対する考えが見え隠れしていて、非常に面白いです。
自己採点が90点とか「いつも完璧!100点」と自信満々の子は、明るくてユニークな子が多いです。ダンスや音楽に対するアンテナが高く、ダンスを純粋に(趣味としても)楽しんでいるタイプが多い気がします。
一方、自己採点が厳しい子は練習量が多い傾向にあり、どちらかというとストイックに練習している印象を受けます。中でも一番自己採点が厳しかった子は、練習量が一番多く、ダンスの上達スピードが早いです。ダンスをスポーツとして捉え、真摯に向き合っている姿を見ていると「学校の勉強も真面目なんだろうな」と想像してしいますね。

■結局、ダンスは「目的に合せて楽しむもの」ということ
自己採点はあくまでも、自分の主観的な点数です。自己評価がどんなに高くてもダンスは上手になりません。
ダンスが上手くなりたければ、練習を積み重ねていきましょう。
明るくてユニークな子は、ダンス本来の「リズムに合わせて体を動かす」ということを楽しむ一方、
真面目でストイックな子は、ダンスを「スポーツ」として楽しんでいる傾向が強いという事がわかりました。
ダンスは「楽しんだもの勝ち」です。どんなスタイルでも構わないので、目一杯ダンスを楽しんでもらいたいですね。

 

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。