練習量の違い(2)自主練習の積み重ねで広がる差とは

9542fa4997515254c139cbba42ea2621_sダンススクール「TOKYO STEPS ATS」の生徒は、いつも楽しく、そして本格的にダンスを習っています。
昼間部の生徒も、夜間土日オープンクラスの生徒も、皆さん向上心を持ってダンスに臨んでいます。
さて今回は、前回に引き続き「練習量の違い
についてスポットを当ててみたいと思います。こうしたダンスコラムが、少しでも皆さんのダンス上達のヒントになれば嬉しいです。

ダンスのレベルアップに「レッスン」は絶対に欠かせません。
レッスンは、新しいステップや自分のダンスに足りないところを教えてくれる、インプット&ステップアップの場です。
レッスンには「ダンススクールに通ってダンスを習う」「有名なインストラクターにダンスの指導をしてもらう」など様々な方法がありますが、レッスンだけではダンスは上手になりません。ダンスの上達には反復練習が必要です。

自主練習において大事なことは、次のレッスンまでに「どれだけ習ったものを自分のモノに出来るか」です。
なかなかダンスが上手くならない人は、レッスンを「受けっ放し」にして、自主練習をしないパターンが非常に多いです。
特に「レッスンを受ければ自動的に上手くなる
と無意識的に考えてる場合は危険信号です。
「自分は週に3本のレッスンを受けている」からといって、ダンスが上手な“つもり”になってはいけません。
前回のコラムでもお伝えしましたが、ダンスの上達にはアウトプット(練習)にどれだけの時間を費やしたかが重要になってきます。
もちろん、練習の質も大事なのですが、練習内容にまで言及していてはキリがないので、まずは時間だけを単純に比較したいと思います。

《練習時間の違いを検証》
ここに、ダンサー見習いのA君とB君の2人がいます。
A君は、1週間に3本のレッスンを受けていますが、自主練習はしません。
B君は、1週間に1本のレッスンしか受けていません。しかし、毎日2時間の自主練習をします。

この2人の1年間(52週)の練習量を計算してみると――
【A君の場合】
レッスン:1時間×3本×52週=156時間
自主練習:0時間
合計:156時間

【B君の場合】
レッスン:1時間×1本×52週=52時間
自主練習:毎日2時間×365日=700時間
合計:752時間

 

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。