病気知らずの体に!健康を気にする人に最適なダンスのジャンル3選

 
リズムに合わせて体を動かすダンスには、数多くのメリットがあると報告されています。
ダンスを始めて精神的にも肉体的にも健康になるには、ひとりよりも仲間と踊ってモチベーションを上げつつ継続することが大切です。
今回はヒップホップ、バレエ、コンテンポラリーダンスという健康目的でダンスを始める人に最適なダンスジャンルをご紹介いたします。
 
病気知らずの体に!健康を気にする人に最適なダンスのジャンル3選1

病気知らずの体に!健康を気にする人に最適なダンスのジャンル3選1


・ダンスでストレスは軽減できる!

 
リズムに乗って体を動かすと、興奮や幸せを感じさせるドーパミンや、リラックスを司るセロトニンが分泌されるといわれています。
 
福山平成大学の調査では、2人組で行うボールルームダンスがストレスの軽減に有効で、年齢が上がるごとにストレス軽減効果は高くなることがわかりました。[注1]
 
また、オックスフォード大学で学生を対象に行われた研究では、誰かと一緒に楽しく踊るとエンドルフィンという神経伝達物質が分泌され、強い幸福感を覚えるという結果が出ています。[注2]
 
さらに、ダンスによるストレスの軽減について調べた研究はこれだけではありません。海外の情報サイトでは、スウェーデンで10代の少女112人を対象に行われた実験の結果を紹介しています。[注3]
 
実験に参加したのは、首や背中の痛み、ストレス、不安やうつなどに悩む少女たち。
メンタルに問題を抱える少女たちを毎週ダンスのレッスンに参加させたところ、メンタルヘルスが改善し、ダンスレッスンが終わってから最大で8ヶ月も前向きな気持ちが持続したのです。
 
「病は気から」という言葉がありますから、不安感やストレスに悩んだ方こそダンスで体を動かして健康を目指しましょう!
 
 
 


・ヒップホップは簡単なテクニックも多く初心者に最適

 
 
ヒップホップはストリートダンスの一種です。時代ごとに流行ったダンスを取り込みながら進化しているため、決まった型が存在しないのが特徴。
 
ダンスを始めるにあたって、お稽古ごとのようにキッチリと学ばなくても楽しめるので、初心者にもおすすめのダンスとなっています。
 
ヒップホップには簡単な動きがたくさん。テクニックや振り付けの幅が広く、「自分の好きなダンス」を見つけやすいというメリットが嬉しいですね。
 
ダンス人口が多く講師も充実しているため、ダンススクールに通えば「楽しく全身を動かしたい」「本格的にダンスをうまくなってみたい」など、それぞれの要望を実現できるでしょう。
 
 
 
病気知らずの体に!健康を気にする人に最適なダンスのジャンル3選2

病気知らずの体に!健康を気にする人に最適なダンスのジャンル3選2

m
 


・バレエで怪我をしにくいスラリとした体を作り出す

 
 
バレエは優雅な動作や姿勢の美しさを重視しています。柔軟性や見た目の美しさにこだわっているため、体を柔らかくして怪我を防いだり、バランス感覚を鍛えるのに最適です。
 
バレエを習って普段意識しないような指先にまで意識を向けて踊ると、普段の所作や姿勢が美しくなる人も多いようです。
 
優雅に見えるバレエですが、実は緩やかな動きと激しい動きを交互に繰り返す全身運動です。
カロリーを消費するという意味では、一般的なウォーキングやジョギング、踏み台昇降などの有酸素運動もバレエも同じ。しかし、バレエの場合は美しいピアノ音楽を聞きながら仲間と無理せずダイエットを続けられます。
 
 

 

・コンテンポラリーダンスはストレスレスで好きに踊れる

 
 
コンテンポラリーダンスは創作ダンスの一種です。ヒップホップ以上に自由で、とにかく「自分なりの表現」を追求して
踊るのが特徴となっています。
 
即興で踊ることも多く、他のダンスと違って「特定のテクニックやステップを習得できない!」というストレスがありません。自分なりの表現を追求したり、違うダンスのテクニックを組み込んでみたりと楽しみ方が幅広いのも強みです。
 
 
 


・ダンスを始めるならスクールに通うのがおすすめ!

 
今回ご紹介したヒップホップ、バレエ、コンテンポラリーダンスは、ダンス初心者が健康目的で始めるのに最適なダンスジャンルとなっています。
 
ただ、ダンスの経験がない場合、一人で動画等を参考にして踊っても、「楽しい」と感じるところまで継続するのが難しいものです。
 
ダンスは一人で踊るより仲間と一緒に踊ったほうが楽しいですし、ダンススクールに通えば体の動かし方や鍛え方なども教えてもらえます。ダンスに興味が出てきたら、ぜひ一度スクールの見学や体験を利用してみましょう。
 
 

[注1]J-STAGE:ボールルームダンスがストレス軽減に及ぼす影響
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspehss/66/0/66_313_2/_article/-char/ja/

 

[注2]Synchrony and exertion during dance independently raise pain threshold and encourage social bonding|BIOLOGY LETTERS
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/11/10/20150767

 

[注3] The Happiness Trick You Haven't Tried |Prevention
https://www.prevention.com/life/a20439517/dancing-shown-to-help-boost-happiness-and-mental-health/