猫背とダンスの関係性

25d15a1d2f29bad19432b9eb632d9c27_sダンスが上手になる要素として、バランス能力は外せません。
そして、猫背を治すだけでもバランス力は高まります。
おそらく上手なダンサーで猫背の方はいないハズです。

ストリート系のダンスは、一見、姿勢が悪いように見えますが、
自分の重心や身体を柔らかく使うため、猫背のように見えているだけなのです。

特にジャズダンスの場合、猫背だと重心がズレやすく、体の手足を大きく伸ばしたりするのも難しくなります。その結果、みっともないダンスになります。
また、背中が曲がっていると、どうしても体も小さく見えるし、舞台上で空間をうまく使うことが出来ません。
さらに、ターンやジャンプでも、ボディコントロールが非常に悪くなります。
何より、立ち姿勢や私生活でもだらしない印象を与えてしまいます。

▼真っ直ぐな姿勢を作る、簡単な練習方法!!

①大きく“ググーッ”と、背伸びする。
リラックスして立った状態で頭上で軽く手を組み
    グーッと大きく背伸びします。
    イメージとしては、疲れたときや朝起きたときに両手を組んで上に伸ばすようなポーズです。
    身体を反らさずに、足、腰、肩、頭、手が一直線で糸で引っ張られているかのように、
真っ直ぐ上に伸ばしましょう。
かかとを上げて、大きく、上へ、上へ、どんどん成長するヒマワリの様なイメージを持ちましょう。
    この時の呼吸は、あくまで自然体でいましょう。

②手と肩だけ、スッと下に降ろす。
大きく伸びて「もうこれ以上伸びないぞ」というところまで伸ばしたら
    上に伸びきった状態から、腕(手)と肩だけスッと下におろします。
腕と手以外は、上に引っ張られた意識のままです。
    
――これだけで、スマートな姿勢になれているハズです。
熟練バレエダンサーの様な美しい姿勢とまではいきませんが、これだけでも背筋を矯正できます。
本当に真っ直ぐな姿勢を作ろうとなると、まずは「真っ直ぐな背中」を意識する必要があるので
足先、体、肘、膝、多くの部位を意識することが大切です。

重心は身体の真中に存在するので、体が真っ直ぐになると
この重心をより意識しやすくなります。
すると、体も安定し、ターンする時も軸がしっかりします。
皆さんもTOKYO STEPS ARTSでダンスを勉強してみませんか?

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。