本気でダンサーを目指すなら!目的に合ったダンススクールの選び方

 

ダンサーとしてプロを目指すなら、学ぶ環境も重要となります。現場で通用する実力を身につけるために、ダンススクールで腕を磨きましょう。こちらでは、初めてダンススクールに通う方のために、スクール選びのポイントについてお伝えします。

自分がやりたいダンスの見極め

ダンサーとしてプロを目指すなら、まずは自分がどんなダンスをしたいのかを見極めてみてください。一口にダンスといっても、たくさんの種類があります。ヒップホップ・社交ダンス・フラダンス・ハウス・ロック・フリースタイル……ほんの一部を挙げただけでも、これだけ多くの選択肢があるのです。

幅広いダンスのジャンルの中で、自分がやりたいものはどれでしょうか? どんなダンスをしたいのかが明らかになると、どこでダンスを習えばいいのか、どんな方向性へ進むめきなのかが分かるようになります。今すぐに決めるのは難しいかもしれませんが、方向性を定める意識を持ってみましょう。

プロを目指すならダンススクールに通うのもアリ!

動画サイトが充実している昨今では、独学でダンスを習得しようと検討している方もいらっしゃるかもしれません。しかし、本気でプロを目指すなら、ダンススクールに通うという手段があることを知っておきましょう!

ダンススクールでは、ダンサーとして活躍している講師陣から、直々にダンスの指導を受けることができます。プロに教えてもらう機会は、独学の場合はなかなかチャンスが手に入りません。貴重なレッスンを通して、大きく差が出るかもしれません。

また、ダンススクールには、自分と同じくプロを目指す仲間たちがいます。お互いに刺激を受けることで上達しやすいのはもちろん、プロのダンサーとして求められる社会性を身につけられる点でも、有意義だと言えるでしょう。

ダンススクール選びのポイント

自分に合ったダンススクールを選ぶためには、まず自分が目指すジャンルのダンスを習えるかどうかがポイントとなります。ダンスには数多くの種類がありますから、習得したいスキルに適したスクールを選びましょう。

また、長期間にわたり継続してレッスンを受けることを考慮して、講師との相性や、ご自宅からの距離、費用面なども考慮してみてください。

各種ダンススクールには、体験レッスンや見学会などの機会が用意されています。実際にレッスンの雰囲気を肌で感じることで、意識が大きく変わることもあるようです。まずは気になるスクールまで足を運んでみることをおすすめします。

***

ダンスにはさまざまな種類があるため、プロを目指すならまずは自分の方向性を定めてみてください。ダンサーになる手段のひとつであるダンススクールには、スキルや社会性が身につく環境が整えられているため、ぜひ活用しましょう。

参考

https://yuunosuke-dance.com/dance-genre-list/

https://www.t-steps.jp/night/

https://audition-navi.net/dance-school/