必見!ダンサーがダンスで無理なくダイエットする方法

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_sダンサーにとって、プロポーションの管理は重要です。
身体の管理ができず無駄な脂肪がついてしまうと、ダンスの動きが制限されスタミナもなくなります。
そしてなにより、見た目もかっこわるいですよね。

ダンサーとダイエットは切っても切り離せないものです。
でも、ダイエットというと食事制限をするなど辛いイメージを持っていませんか?
実はそんなことはないんです。

ダンサーならば、ダイエットにダンスを取り入れるのが一番です。
今日はダンスでできるダイエットを紹介します。

●ダンスのもつダイエット効果とは?
激しい運動量が必要なダンスは、ダイエットに取り入れられることが多いです。例えば、ビリー隊長で有名な「ビリーズブートキャンプ」、ダンスグループTRFの「イージードゥダンス」、樫木裕実さんの「カーヴィーダイエット」などが有名ですよね。

●ダンスで消費するカロリーは?
ところで、ダンスでカロリーはどれくらい消費するのでしょうか?
一概にダンスといっても、動きの少ないフラダンスから動きの激しいヒップホップダンスまで様々です。代表的なダンスを60分間踊ったときの、消費カロリーは次のとおりです。

フラダンス 125-230kcal
ベリーダンス 185-315kcal
タヒチアンダンス 200-330kcal
ヒップホップ 230-325kcal
やはり、動きの激しいダンスほど消費するカロリーも多くなりますね。

●ダンスダイエットのメリット
ダンスでできるダイエットにはどんなものがあるのでしょうか?
・どこででもできる
ダンスは場所を選びません。自宅やスタジオ、ストリートでも空いた時間に気軽に踊ることができます。好きな音楽をかけて気分を高めるとより効果的です。

・基礎代謝量があがる
ダンスに限らず、身体を動かすと新陳代謝量が上がり余分な脂肪が燃焼されやすくなります。効率よくダイエットするには、基礎代謝量を上げることがおすすめです。

・痩せたい箇所を絞ることができる
ダンスによって動かす部分は違います。ベリーダンスやフラダンスのように腰を大きくくねらすダンスは腹筋がつきますし、くびれもでてきます。動きの激しいヒップホップダンスは下半身のダンスにより効果的です。

・ストレス解消につながる。
お気に入りの音楽をかけて身体を大きく動かすことはストレス解消に繋がります。実はダイエットで大切なのはストレスを溜めないこと。ダンスで気軽にダイエットをしましょう。

均整の取れたスタイルはダンサーにとってメリットばかりです。
ダイエットにダンスを取り入れて、楽しくダイエットしましょう。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。