メリハリのあるダンスで観客を魅了しよう!

6b07667740a5313bc33448badcffb1cd_sダンスのカッコよさは、すべて「動き」に集約されます。
バレエの優雅な一連の動き、ストリートダンスのメリハリのある動き。
人々は、その動きに惹きつけられるのです。
特に最近は、メリハリのあるダンスが人気になってきた印象を受けます。

実際にメリハリのあるダンスをするとなると、とても難しいものです。
今回はメリハリのあるダンスをするコツについて、お話します。

ズバリ!メリハリのあるダンスをするためには、筋トレに限ります。
動かすのも筋肉、止めるのも筋肉。筋肉を鍛えるほかに道はありません。

ダンスの筋トレは、身体全身を鍛えるよりかは、ポイント(部位)を絞って鍛えます。
なぜなら、不必要なところに筋肉が付いてしまうと、体が重くなってしまうからです。
筋トレする箇所は、主として、背筋、腹筋、上腕三頭筋がよいでしょう。
中でも背筋と腹筋に関しては、体全体を支える主要な箇所となっているため「鍛え過ぎる」ということがありません。

上腕三頭筋は、二の腕と呼ばれている部分で、腕を伸ばしたり、物を押さえたりするときに使う筋肉です。
また、肘から肩にかけての腕の上の方に上腕三頭筋があり、それを鍛えることで腕が太くなります。
上腕三頭筋は使われにくい筋肉であるため、普段腕を使っていても鍛え難い部位なので、鍛えるには専用のトレーニングをするほうが効果的です。

また、メリハリのあるダンスには“力を抜く”という事も大切です。
肩の力を抜いた軽快な動きがあるからこそ、瞬間的な爆発力が目立つというもの。
筋肉トレーニングで体を鍛えたからとって、常にパワフルに立ち回れば良いというのは間違いです。

メリハリとは“緩急”ある動きです。
素早い動作の“爆発力”を活かすには身体をリラックスさせておくことで、よりメリハリが出てくるようになります。メリハリの動きには基礎のトレーニング部分と、リラックスさせておくテクニックが必要ということです。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。