ダンススクールでダンス上達のポイントとは?

727435ダンススクールTOKYO STEPS ARTSでは多くのダンスレッスンをご用意しておりますが、HIPHOPなどのストリートダンスが人気傾向にあります。それに伴い、ストリートダンスの上達について“どういったポイントに気を付ければ良いか”という質問が多くなってきた様な気がします。今回はストリートダンスを中心とした“ダンス上達のポイント”についてお話します。

■ケガ予防と基礎力アップに筋トレを行う
ダンス上達について、まず、かなり基本的な事ではありますが、筋トレはかなり大事です。
特に腹筋を鍛える様にしましょう。ストリートダンスでは様々な筋肉を使いますが、腹筋は特に良く使います。あと、首の筋肉も鍛えておきましょう。普段は首の筋肉を意識することはないでしょうが、鍛えておくと首のケガ予防になります(首のケガは、後で大きな問題となる場合もあります)。
楽しく踊る&上手く踊るためにも、筋トレはしっかりやりましょう。

■休むのも修行の内と認識する
いくら早くダンスが上手になりたいからと言って、レッスンとトレーニング漬け――いわゆる、“突っ走ってしまう”のは考えものです。ダンスの練習にはメリハリをつけましょう。これは筋トレにも関係しますが、毎日レッスンやトレーニングを続けていると、体が持ちません。休む時は休んで、無理をしないで練習しましょう。体を壊してしまっては、せっかくのダンスレッスン&ダンストレーニングが台無しです。長くダンスを楽しむためにも、メリハリをつけた練習を行いましょう。

■ダンスの基本を忘れずに練習に取り組む
どんな練習を行うにしても基本や基礎を忘れてはいけません。早く上達したいからといって、いきなり大技の練習をしてみたら思わぬケガに遭ったというケースもありえる話です。

■練習はリラックスして取り組む
初心者や上手くダンスができない方には、様々な原因がありますが、ダンス初心者の方で多いのが体に力が入り過ぎているパターンです。体に力が入り過ぎると、動きが硬くなってしまい、ダンスも恰好良いものとは言えなくなります。
もちろん、力強く見せる部分は力を入れた方が良いですが、事故は力を入れすぎて起こるケースがほとんどです。
ダンスの練習は力み過ぎない程度、自分がリラックスして取り組める範囲で行いましょう。

ストリートダンスは様々な筋肉を使うので、最初の内は筋肉痛になられる方も多いと思いますが、無理をせず自分のペースで、そしてとにかく分からない事があれば人に聞くという事を忘れずに、日々ダンスの練習に励んで下さい。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。