ダンススクールの必要性

9bd388c05c637618855db594bc325e7c_s プロダンサーは、自分の好きなダンスや得意なダンスだけを踊るという訳にはいきません。クライアントのどんな要求にも応え、観客を沸かせるのがプロダンサーというものです。本物のプロダンサーはジャズ、ヒップホップ、バレエ、コンテンポラリー、ハウス、パントマイムといった幅広い動きも要求されます。ダンス専門学校TOKYO STEPS ARTSでは、ダンスの技術面だけでなく精神面、体調管理の方法、現場での立ち振る舞いなどのヒューマンスキルも養い、プロダンサーとしての資質を伸ばします。

 

中学校の体育の授業で必修科目になったダンス

平成24年度、新学習指導要領によって中学校の体育の授業において男女ともにダンスを必ず学ぶことになりました。「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」を学び、 総合的に体力を付けるだけではなく、想像力を体で表現すると共に仲間と共に楽しさや喜びを味わうことのできる単元として位置づけられました。

 

身体と頭に大事な時期「思春期」に必要なのはダンス

ダンスは、脳科学的にも効果があると言われています。自己コントロールに必要な力、 他人との関係を円滑に行うための社会コミュニケーション力などは、学校の授業では習うことはありません。しかし、ダンスでは、団体行動、協調性が養われます。そして、これらの機能は、思春期においてとても重要なもので、近年増えている思春期のキレやすさ(衝動的攻撃性)や抑うつ症・うつ病などの改善にも 大きな効果があると見込まれています。だからこそ、中学校の授業でも採用されたのかもしれません。

 

ストリートダンスも認知されはじめてきた

少し前までは、ダンスというと「不良」のイメージが少なからずありました。おそらくストリートダンスのダボダボした服装が「だらしない」と思われていたためでしょう。これは、一昔前に「軽音楽(バンド)は不良だ」というのと似ていますね。これまで注目されることの無かったストリートダンスですが、 中学校のダンス必修化に伴い、日本ストリートダンス協会・一般社団法人ストリートダンス協会などの設立およびストリートダンス検定が全国で開催されるようになりました。世間においてダーティーなイメージが少しずつ払拭されてきているのは嬉しいです。テレビ番組でもダンスパフォーマーの出演も増え、キッズダンサーやダンスコンテストも放送されるようになりました。

 

ダンススクールは新しい教育の場

ダンスが体、心、頭に良い影響を与えることが解かってきたことで、最近ではダンススクールに通う人が増えてきました。東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。

ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス専門学校TOKYO STEPS ARTSをお勧めしします。是非、貴方も東京都内の、ダンススクール、ダンススタジオ TOKYOSTEPSARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 「昼間部」と「土日夜間オープンクラス」をご用意しており、いつでもダンスを楽しめる用意をしてお待ちしています。駅前なのでお子様も安心して通えます。体験入学・レッスンも募集しています。是非、お気軽にお問い合わせください。