ダンスの時間と質

a1ef50f8e6a21ac238d6479141932121_sダンスに限ったことではありませんが伸びる人は、よく考えて(効率良く)練習し、密度が濃い時間を過ごします。そうでない人は、何も考えずに同じ行動を繰り返すだけの様な気がします。
今回はダンス練習の時間と質について、お話します。

■成長するダンスの練習パターン
成長するダンサーの練習は、ステップひとつ取っても違います。
たとえば「今のは、踏み出しが甘かったな。もう一度トライしてみよう

「次はヒザをもう少し柔らかくしてみよう」などと言うように
1回1回、練習の段階から試行錯誤しています。

■伸び悩むダンスの練習パターン
伸び悩みがちなダンサーは、練習の内容が大雑把な気がします。
「今日はステップを50回やるぞ」や「今日は1時間、ダンスの練習をするぞ
という風に
回数や時間を目安にしているフシが有ります。
なんとなく練習というよりは“作業”のようなイメージを受けてしまいます。

■悩み方も違う
上手なダンサーは「どうやったら上手になるのか」「このダンスのコツは何だろうか」と、問題を部分的に捉えて解決策を探っていきますが、伸び悩むダンサーは、「何回練習したら上手になるんだろう」や「練習って何分すればいいの?」というような量や時間だけを気にします。こういった部分も大きな違いですね。
練習を沢山した結果として「ずっと出来なかったダンスが出来るようになりました」は分かりますが、「今日は10時間練習しました!」と言われても、成果が解らず、内容が空っぽだったりします。
厳しい言い方をすれば「上手くなりたいから練習する」という考えよりは「練習という時間を設け、ただ身体を動かした」みたいなものです。それで上手になるほど、ダンスは甘くありません。

■ダンスにおける練習とは
自分のダンスの「何がダメなのか」「何をどうしたいのか」という課題に対して、解決するための方法が“練習”です。今はダンスが出来ないかも知れません。だけど、その悔しさをバネにして、出来るように色々と研究したり、試行錯誤していく内に、まぐれの一回、調子良いときは3回くらい、5回の内に4回は成功したり・・・少しずつ定着していくものです。単なる反復練習は運動であり、ダンスの技術習得に直結するものではありません。
体だけでなく、脳みそもフル回転させる必要があるのです。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。