ダンスの技術をさらに上達させるトレーニング

83413c35286b782d27a728d8a58ba2de_sダンスの技術を上達させるためには、自分の身体を正しく使うことが大切です。ダンスの振りを覚えるのはもちろん重要な事ですが、そればかりではなく、ときには自分の身体をケアしてあげることも重要。最近、ダンスの技術をさらに上達させるトレーニングとして、ピラティスが注目を浴びています。

●ピラティスがダンスに与える影響

○インナーマッスルを鍛える
一般のウエイトトレーニングとは違い、ピラティスは身体の奥深くにある細く長い筋肉を伸ばして強化していきます。これにより、しなやかな身体が作られるようになります。インナーマッスルが鍛えられた身体は、持久力も持つようになります。

○体の軸を鍛える
ダンスは体幹が重要と言われていますが、具体的に体幹とはどこのことなのでしょう。それは、頭・腕・足以外の胴体の部分。つまり身体を支える土台のことを体幹と呼んでいます。ここがしっかりしていると回転するとき身体の中心が安定しますし、ピラティスは回転中のバランスもしっかりしてきます。

○怪我をしにくくなる
ダンスで怪我をしやすいのは、衝撃をうけることが多い足首、ひざ、腰です。事前にピラティスで正しい筋肉の使い方を習っておけば、正しい筋肉の使い方を覚えて怪我を減らすことができます。また、万一怪我をしたとしても傷みや故障を軽減する効果があります。ピラティスはリハビリとしての効果もあるので、回復力も強化されます。

○骨格を鍛える
骨盤や背骨の位置はダンスに影響を及ぼします。ピラティスで骨盤や背骨を正しい位置に保つようにすれば筋肉のバランスがよくなりダンスのパフォーマンスに良い影響を与えます。今までできなかったようなダイナミックなパフォーマンスができるかもしれません。

○心を鍛える
ダンスは自分を表現するもの。心と体が調和されていないと駄目。身体のしなやかさ。しなやかさを保つトレー
ニング。インナーマッスル強化、けがもしにくい。精神的に余裕ができるので素晴らしいパフォーマンスを生み出します。

ピラティスの考案者ジョセフ・ピラティス氏は、ニューヨークのスタジオを開設した時にまずダンススタジオでピラティスを教えたそうです。当時ニューヨークはダンスブームの真っ只中、すぐに多くの優れたダンサーがピラティスを取り入れるようになりました。

ピラティスはダンスを上達させるための身体作りに最適なエクササイズです。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。