ストリートダンスの基礎「クラブステップ」を一から習得する5つのコツ

ダンスステップ

ストリートダンスの基礎「クラブステップ」を一から習得する5つのコツ

クラブステップの「クラブ」はカニ(crab)のことで、カニの横歩きに似ていることでこのように呼ばれます。体重移動と足首を柔軟に動かすことが必要で、ストリートダンスの基礎となるステップです。

初心者にとって、このステップを使えるようになることがストリートダンスの入り口となるので、しっかり覚える必要があります。

クラブステップの基本的なやり方を覚えよう!

 

クラブステップの基本的なやり方を覚えて、それから応用できるようにしていくといいでしょう。

  • ① 右足の踵、左足のつま先に重心を置いて膝を内側に向ける(内またの状態)
  • ② 内またの状態から重心はそのままで膝を外に向けて、がに股のように足を広げる
  • ③ そこから元の内またの状態にもどして、重心を左足の踵、右足のつま先にかえる(膝は内側に向けて内またの状態)
  • ④ 内またの状態から重心はそのままで膝を外に向けてがに股のように足を広げる
  • ⑤ 1から4を繰り返しながら左右に移動する

腕が動きに合わせて自然に動くので、手の動きを一緒に練習すればクラブステップのコツがつかめると思います。

素早い動きでキレを出すクラブステップ、また上半身や手の動きを取り入れて身体全体を使った動きにするという2種類のパフォーマンスができるようになると、様々なダンスに応用できるようになるでしょう。

クラブステップを身につけるための5つのポイント

 

つま先と踵、重心をどこに置けばいいのか、それがクラブステップのポイントとなります。つま先と踵をうまく自由に使えるようになると、自然でかっこいいクラブステップができるようになるのです。

まずは重心、軸を意識して両足が自然になるようコツをつかむことが必要です。

1. 腕の動きを付けることで足の動きが付いてくると考えてみる

 

踵を動かす方の手を動かすようにする、足でステップを踏むというより腕を動かすことで足の動きが付いてくる、と考えるとクラブステップのコツがつかみやすくなります。

左足の踵をついてつま先を開く時には右手が動く、右足の踵をついてつま先を開く時には左手が動くというイメージです。

2. 踵とつま先の重心切り替えをしっかり行う

 

右足の踵と左足のつま先、左足の踵と右足のつま先、この重心の切り替えをしっかり行うことで、見た目にかっこいいダンスになるとともに、メリハリのあるダンスになります。

切り替えがしっかりしていないとステップがはっきりせず、動きがきれいに見えないのです。

3.膝を外に開く時には腰を落とす 内側に向ける時には腰を伸ばす

 

膝を内側と外側に動かすとき、意識してしっかり「内側」「外側」に動かすと動きがはっきりするのでイメージをつかみやすくなります。

膝を動かす時には、外に開く時に腰を落とす、内側に膝を向ける時に腰を伸ばすという意識を持つのがコツです。

4. 重心移動をしっかり行う

 

クラブステップを行う中で重心移動は重要なポイントになります。

右に移動するときには右足の踵と左足のつま先に重心を置く、その状態から膝をしっかりがに股に開き「V」字をつくりょうにすると自然に右へ動くはずです。

逆に元の位置に戻る時には、足の重心はそのままで膝は内またで「八の字」を作るようにすると自然に元の位置に戻ります。逆側に動く時には重心の位置を逆にすると逆に動くことができるのです。

5. 下半身の動きが様になったら上半身を意識しよう

 

足の動きが様になってきたら上半身の動きを意識します。基本的に腰を下げる時には「移動する方向の肩を下げる」こと、腰を上げる時には「移動する方向の肩を上げる」ようにします。

この上半身の動きができるようになると、動きが滑らかに見えてかっこいいステップになります。

クラブステップに慣れたら自分なりの応用・アレンジをきかせてみよう

ダンスを練習する女性

クラブステップに慣れたら自分なりの応用・アレンジをきかせてみよう

クラブステップの基本形ができるようになったら、自分なりにアレンジを加えていくとより様になってきますしかっこいいです。

ストリートダンス以外にもクラブステップは応用できるので、別ジャンルのダンスにも合わせられるように応用のコツも理解しましょう。

左右一回で中心に戻ってくるクラブステップが基本となりますが、わざと片方に2回、逆方向に4回…と統一の動きにしないことでメリハリのあるダンスになります。

途中、別のステップを入れてもランダムな動きになりかっこいいです。ステップに慣れてきたらこうした別の動きや一定の動きをなくすことも考えてみるといいでしょう。

応用の前には基本ステップを丁寧に覚えることが秘訣

 

同じステップばかりではなく別のステップもしてみたい…と思う方も多いです。

しかしストリートダンスの基本となるクラブステップがしっかりできないと、別のステップをしてもカッコよく見えなかったり、中途半端なイメージになったりします。

基本のステップをきっちり自分のものにしてから、応用できるようにしていく方が上達も早いでしょう。