ケガ予防と対処法

31b1224769c2bae402c077618f8208d6_s【ケガ予防と対処法】

ダンスを続けていく上で、避けることができないのがケガの問題。

特に、近年は技の難易度が飛躍的にあがり、その代償として多かれ少なかれケガを追うリスクも高まっています。誰しもケガをしたくてする人はいないと思いますが、絶対にないことではありません。ケガを完全に防ぐことは難しいでが、やり方によってそのリスクを少しでも減らすことは可能。

今回は、ケガの予防と対処法についてです。ダンサーのケガで多いのは関節の部分。特に下半身を中心とする激しいダンスが多いため、足首や足の靭帯は特に大きなケガが集中しています。

予防法は、なんといってもストレッチ。ダンスの練習前には、やり過ぎかと思うくらいに体の関節を伸ばすようにしましょう。ストレッチのやり方は自由です。ただし、いきなり体を思い切り動かすのはNGです。関節の可動域に余裕のある動きから始めて、徐々に大きく激しく動かして下さい。柔軟性のアップが目的なので、時間をかけてゆっくり伸ばしましょう。どれだけ気をつけていたとしてもケガは起こりえます。

もし、不幸にもケガをしてしまった場合、最も大切なのは焦らないこと。ケガを治すのに必要なのは時間です。絶対に必要な物なので、まずはゆっくりとケガを治すことに全力をかけてください。もちろん、完全に治るまでは練習も禁物。ケガを治すための情報をしっかりと集めて、できることを試してみる。病院に通うのであれば、リハビリをしっかりと行ない、可能であれば整骨院にも通い先生と相談してみてください。

同時に、食べ物の栄養素を調べ、早くケガを治すものを率先して食べることも必要です。足りない栄養素はサプリなどで補助しましょう。完全に回復したと実感してから、少しずつ練習を再開するようにして下さい。ケガを防ぎ、楽しく快適にダンスを楽しむためには、日頃からの体のケアが大切です。ストレッチは、効果的に行なうと、ケガの予防だけでなくダンスのテクニック向上や正しい筋肉を使うアシストまでしてくれる重要な運動です。ダンサーにとって、非常に大切なステップなので、習慣にしていきましょう。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。