ダンスで健康になる

ダンスで健康になる

ダンスで健康になる

「ダンスは健康に良い」とよく聞きますが、どうして踊るだけで健康になれるのでしょうか? 

今回は、ダンスで健康になれる理由や、ダンスを始める際に注意すべき点をお伝えします。健康のために体を動かしたいなら、初心者でも安心して通えるダンススタジオからのスタートがおすすめです!

 

ダンスで健康になれる理由

「ダンスは健康に良い」と言われています。なぜならば、ダンスをすると一定時間リズムに合わせて全身運動を続けることになるからです。

全身運動は、全身持久力・心肺機能・筋持久力の向上が期待できるほか、体を大きく動かすことで筋力の向上も期待されています。また、大きく四肢を動かすダンスでは関節可動域が広がり、柔軟性も向上します。

ダンスの種類にもよりますが、踊った時間だけウォーキングをするのと同等のカロリー消費が見込めるのもメリットです。

ダンスは足を使う動きが多いため、血行の促進にもつながります。特に足の筋肉は全身に血液を循環させるポンプのような役割があるため、適度に動かすことが大切です。全身に血液が巡ると、むくみや冷えが緩和され体調改善につながります。

 

ダンスでケガをしないためのポイント

健康のためにダンスを始めるなら、ケガをしないように気をつけたいですよね。ダンスは飛んだり跳ねたりする動作が多くあります。体を痛めないためにも、練習の前後にはウォーミングアップとストレッチを行いましょう。特に、足首・膝・腰などの負担がかかりやすい部位は、重点的に行うことをおすすめします。

ウォーミングアップやストレッチを行う際は、呼吸を止めないように意識してください。酸素が全身に行き渡るように、ゆっくりと息を吸って吐くことを心がけましょう。また、力任せに体を動かすのは禁物です。体が痛くなるまで力任せにストレッチをしてしまうと、却って体に大きな負担をかけてしまいます。

健康効果が期待できるダンスですが、準備運動が足りない状態で体を動かしたり、体に無理をさせたりするのは極力避けておきましょう。あくまでケガをしないように注意しながら楽しむことが大切です。

 

TOKYO STEPS ARTSのダンスレッスン

ダンススクールのTOKYO STEPS ARTSでは、第一線で活躍する講師陣から充実したレッスンを受けられます。踊り方だけではなく、ケガをしないための体の使い方や、実際にケガをしてしまったときの処置の方法なども学べます。

初心者でも安心できるように、レベル別のコースがいくつか用意されているため、誰でも楽しくダンスをしながら健康維持ができます。習い事としてダンスに興味をお持ちの方は、この機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

***

ダンスは一定のリズムに合わせて全身運動を行うため、健康的な体を作るのに役立ちます。

TOKYO STEPS ARTSのダンスレッスンは、初心者の方も大歓迎です!リーズナブルに通えるダンススクールをお探しの方にもおすすめです。