ダンスがうまい人とそうでない人の違いとは?

00f9ca75de9fdf0ae685c9c6552c5bc4_sダンスがうまい人とそうでない人には、どんな違いがあるのでしょうか?持って生まれたリズム感?手足の長さ?それとも…。
今回は、ダンスがうまい人の特長を軸に、その違いについてまとめました。

◇リズム感
リズム感には持って生まれた差もありますが、鍛えることでその差を縮めることができるのです。
リズムの取り方がうまい人は、いわゆる「グルーブ感」を身体で表現することができています。グルーブ感を簡単に言うと、音楽に合わせ、脱力したノリの動きのことです。言葉で表現するのは難しいですが、音楽がなりだすと黒人さんが身体をゆすり出しますよね?あの動きです。このグルーブ感が表現できるようになることで、リズム感が生まれます。

◇柔軟性
ダンスは全身を使った運動なので、振付を同じように覚えても、身体が柔軟な人は上手に踊っているように見えます。
柔軟性を妨げる原因の1つは、力が入りすぎていることです。肩の力を抜いてリラックスするだけで、硬さは随分とれますので、試してみてください。柔軟性もリズム感と同じで、自分である程度伸ばすことができます。できればお風呂あがりに、毎日10分だけでもいいので、ストレッチを続けることもおすすめです。

◇基本的な動きのマスター
ダンスが上手い人は、必ず基本の動きをマスターできています。逆に、いくら振付を覚えても基本の動きが身についていないと、正確に踊ることは難しいでしょう。
たとえばヒップホップであれば、ランニングマンやクラブステップ、そしてロックザボートなどの動きです。
これらの基礎の動きを反復練習でしっかり身に付けることが、結局は近道なのです。

◇練習量
よく「ダンスにはセンスが必要」だと言われます。確かにセンスのある人も中にはいます。しかし、例えセンスがあっても練習を怠けていれば、もちろん努力を続けてきた人に負けてしまいます。最終的には練習量と、それにともなってつけてきた自信が、上手い人とそうでない人の差なのです。

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校&芸能専門学校TOKYO STEPS ARTS(全日制)では、バックダンサーやテーマパークダンサーやストリートダンサーなどのプロダンサーと歌手、俳優、女優、モデルを目指せます。

会員制ダンススタジオ、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSにはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されています。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。