キッズに人気のアクロバット

キッズに人気のアクロバット

キッズに人気のアクロバット

最近は習い事でダンスに通う子どもが増えています。ダンスを習い始めたことをきっかけに、アクロバットに興味を持つ子も少なくありません。こちらでは、子どもに人気のアクロバットや、アクロバットを身につけるのにおすすめのダンススタジオをご紹介します。

 

年々増えつつあるキッズダンサー

水泳・英会話・ピアノ・体操・サッカーといったように、子どもに人気の習い事にはさまざまなものがあります。中でも、最近人気が急上昇しているのがダンスです。習い事をきっかけに、本格的にダンスを学ぶキッズダンサーも増えています。

ダンスには基礎体力が向上したり、協調性が身についたり、自分に自信がついたりと、さまざまなメリットがあります。平成24年からは、中学校の体育の必修にもなりました。

幼少期からダンスを習っていた子は、より高度なアクロバットを習得しやすくなります。お子さんの身体能力を高めたい方や、自信をつけさせたい方は、ぜひダンス教室に通わせてみましょう。

 

 

キッズに人気のアクロバット

キッズに人気のアクロバットには、次のようなものがあります。

 

●転回

転回は、バク転の逆で、前方に回転する技です。“ハンドスプリング“とも呼ばれています。膝を曲げないようにすると、キレイに回れます。アクロバット技に必要な基礎が詰まった技であるため、ぜひ初めのうちにマスターしましょう。

 

●バク転

立った状態から後ろへ倒れるようにジャンプして着地する技です。アクションやダンスショーケースといった、幅広い場面で使えます。後ろに飛ぶ恐怖を克服すれば、難易度はそこまで高くありません。

 

●バク宙

バク宙は、体操用語で「後方宙返り」と呼ばれる技です。後方に向けて手を着かずに一回転します。空中で回転する技の基礎となる動きで、上の難易度に挑戦するときは、先にバク宙をマスターする必要があります。

 

●ロンダートバク転

ロンダートバク転とは、ロンダートとバク転をつなげた技です。ロンダートとは、側転に4分の1ひねりを加えて、後ろ向きに着地する技を指します。ロンダートで助走を付けた後にバク転をするのが、ロンダートバク転です。

 

●側宙

側宙とは、飛び上がって横向きに回転する技です。側宙には、「男側宙」と「女側宙」があります。男側宙では高さを出し、女側宙では開脚して柔らかさを表現します。

 

 

技を極めるならTOKYO STEPS ARTS

アクロバット技を習得するには、ダンススクールでプロに指導してもらうと着実な上達が期待できます。TOKYO STEPS ARTSには、初めてダンスを習うお子さんでも安心して通えるキッズクラスがあります。こちらでは、楽しくダンスをしながら、着実に技を身につけられます。

講師が丁寧に方法を教えてから技に挑戦するため、慣れていない子でも安心です。興味がある方は、まずは体験レッスンにお越しください。

***

ダンスを習うと基礎体力が向上し、協調性や自信がつくことから、子どもの習い事として人気です。中でもアクロバットは難易度が高く、習得すれば大きな達成感を得られます。TOKYO STEPS ARTSのキッズ受け放題では、月額7,980円で、何度でもレッスンに通えます。ダンスやアクロバットをお子さんに習わせたい方は、ぜひ体験レッスンにお申し込みください。