For Guardian保護者の方へ

ダンスが大好きだから、歌がとっても好きだから
誰かに感動を与えられる、そんな大人になってもらいたい・・・
ダンスや歌や演技は、人を惹きつけ感動を与えられるもの。
また、自分の心も相手の心も豊かにできる、
なによりも人生を豊かにすることができる大変な魅力があります。
TOKYO STEPS ARTSには、夢や希望をかなえる舞台があります。

TOKYO STEPS ARTSの魅力
1.業界最先端の知識と即戦力の技術を習得できる

第一線で活躍するダンスや芸能の経験豊富なプロフェッショナルがインストラクターとして在籍するため、流行や社会の動きをレッスンにすばやく反映 し培ってきた知識や経験を惜しむことなく学生に伝えています。カリキュラムは実技中心に編成されているので、現場に直結した最新技術がリアルタイ ムで身につけられます。

2.実践力が身につく充実した設備と環境

ダンススタジオは日本最大級の5スタジオを完備、充実したダンスと芸能のレッスン数を確保しています。さらにヴォーカルルーム、講義室、広々した 男女更衣室、清潔なシャワー室、情報が溢れる学生ルームなど、ダンスと芸能界でプロフェッショナルを目指す為に充実した施設環境です。また、全国 から同じ夢を持った仲間たちが多く集まっているので、良き仲間と切磋琢磨し合いながらのびのびと学べます。

3.発表会やイベント、企業へのインターンシップで社会性や人間性を身につける

年に数回開催するダンスと芸能のイベントや発表会では、企画・制作・振付など様々な役割を担っていきます。舞台やイベントの制作のノウハウを実体 験として学ぶとともに、生きた現場の空気に触れ多くの人に接する中で豊かな人間性を養っていきます。また、就職活動を踏まえて実際に企業や現場な どで仕事の経験をします。ダンスや芸能界で将来のやりたい仕事や自分の適性を確かめながら社会人としての身だしなみや礼儀などのマナーを身につけていきます。

4.専門学校では取得できない「短期大学士」の称号が取得できる

夢ばかりを追っていられない、現実も大事、そんなお子様のためにも短大の卒業資格を取得できる短大部を設置しています。専門学校では取得できない「短期大学士」の称号を取得できます。また、短大卒業資格を持つと、大学に編入できたり、特定の国家試験を受けられたり、一部試験免除の権利を得られたり、就職にも有利に働いたりと、さまざまな可能性が生まれます。専任のスタッフを配置して卒業までをしっかりとサポート&バックアップしていきますので、ダンスや芸能も目指しながら、安心して就職にも有利な短大卒業資格を取得することができます。

5.卒業してすぐに「先生」として活躍できる卒業生も数多くいます

前身であるインターナショナルダンス学院で行ってきたインストラクター養成クラスでインストラクターとして認定された卒業生のほとんどが、現在も実際に高等学校のダンス部や各ダンススタジオやスポーツクラブなどでインストラクターとして活躍しています。教えられる技術を身につける教育に対して、本校では大切に真剣に取り組んできています。ご存知の通り、芸能やダンスの世界では資格などが一切通用しない実力の世界です。本校では初心者からでもしっかりとした実力を身につけられる『本物』を育成するカリキュラムを実践しています。



学校説明会&体験レッスンのお知らせ

ダンスや芸能に関することから入学に関することまで相談する機会ですので、是非ご参加ください。 お子様とご一緒に、あるいは保護者の方だけでも結構です。



学校見学のご案内

実際に学校の雰囲気を見ることができる学校見学も随時行っております。
また専門スタッフによる入学相談もメールやお電話で受け付けていますので、入学に関する悩みや相談などお気軽にご連絡ください。



入学金・授業料などを金融機関で振込む際には、本人確認書類をご用意ください!
(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)

○平成19年1月4日から、本人確認手続に関する法令の改正*により、金融機関において10万円を超える現金**の振込みを行う場合には、本人確認書類の提示が必要となります。

○10万円を超える入学金・授業料などの現金振込みの際には、指定の振込用紙とともに、振込みの手続を行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)をご用意のうえ、金融機関の窓口をご利用ください。
* マネー・ロンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて行われたものです。
** 現金ではなく預貯金口座を通じて振込みを行う場合は、これまでと同様の手順・方法で振込むことができます。(口座開設の際に本人確認の手続が済んでいない場合には、窓口で本人確認書類の提示が必要となることがあります。)

○本人確認書類の提示がない場合には、金融機関では、10万円を超える現金による入学金・授業料などの振込みができません。

○保護者の方などが、振込名義人(入学者など)に代わって振込みの手続きを行う場合には、金融機関では、振込みの目的(入学金・授業料などであること)をお尋ねすることがあります。 詳しくは、振込みを依頼する金融機関にお問い合わせ下さい。