SWING TOP STARS☆
SWING TOP STARS☆ Profile

IDC1期卒業生の☆-SUKE(写真:下段右・宮城県出身)とKAJ1(写真:上段右・京都府出身)とZEN(写真:下段左・高知県出身)の3名を中心としたLOCKダンスチーム。ダンスコンテスト2008GRANDSOUL優勝。「ハイ祭in沖縄2009」freestyleダンスコンテスト優勝。Ice creamコンテストseason.1一般部門優勝。スカイパーフェクトTVミュージックバラエティーにてアイドルグループ"SS501"とSWING TOP STARS☆」でコラボレーション。Tokyo Disney Land限定イベント「It's Show Time」出演、TV東京「流派R」出演などTV、舞台、クラブイベントなどで活躍中。

Q.現在主にどんな活動をしていますか?

☆-SUKE:2007年から、この3人と友人2人でSWING TOP STARS☆を結成して活動を始めました。結成2年目にGRANDSOULで優勝させてもらって、今では沖縄や大阪、仙台のイベントにも呼ばれたり、個々でバックダンサー、ヘアモデル、インストラクター、よさこいチームのプロデュース、スタジオの振付け、キッズチームの振付けなどもやっています。
KAJ1:毎年、ディズニーランドでも踊っています。担当の方がTOKYO DANCE DELIGHT予選に出ていたときに、見てくれていたらしくてオーディション合格できました。ディズニーランドでLOCKINやれるのはとても楽しい。自然と笑顔になれます。やみつきになって3年連続で出演しています。

Q.在学中はどんな生活を送っていましたか?

KAJ1:ストリートだけではなく色々なスタイルのダンスを学びながらダンス漬けの毎日を送っていました。
☆-SUKE:毎日がダンス漬け。習ったことはしっかりとメモに取っていました。 ZEN:卒業公演の演出を担当したり、ダンス生活を満喫していました。入学して3ヶ月、同級生の男4人でチームを組んで青山のorbientってクラブで企業の記念イベントに出演してギャラを貰えた時は感動しました。

Q.個々で活動していますが一番印象に残っている仕事は?

☆-SUKE:卒業した後の2005年a-nationですね。1000人のオーディションから選ばれて、受かってみたらJAZZも踊ることになって。学校でレッスンしていなかったら4万人の前で踊れなかっただろうと思ったのは印象深いです。
KAJ1:在学中にオーディションに受かって、小錦さんとCMに出演したのがとても印象に残っています。卒業してFlying pan cakeで活動していたときに、GRANDSOULで初めて優勝したときも本当に嬉しかった。おかげでフリーペーパーの表紙に載ることができて、親にも頑張っている姿を報告できましたし、レッスンももてるようになりました。
ZEN:2008年DJ OZMAコンサートのバックダンサーの仕事です。エキストラのバックダンサーからオーディションでメインダンサーに選ばれ、横浜アリーナで1万人を前にして12,3曲踊ったんですけど、その景色は衝撃でした。教えもスタジオだけでなく専門学校でもできるようになって、ダンスで生活していけるようになりつつあります。

Q.SWING TOP STARS☆としての目標、これからの抱負は?

KAJ1:最近色々なスタイルのLOCKINがありますがSWING TOP STARS☆っていうものを見せられたらいいと思う。楽しく踊っていたい。そして2年以内にJAPAN DANCE DELIGHT出場!

Q.これから入学を考えている方へメッセージをお願いします。

KAJ1:ひとつひとつそれは違うんじゃないかと考えるのではなくて、素直に、純粋に全てを受け入れていくことが大切だと思います。
ZEN:色々なジャンルのダンスに触れ合うことで、ダンスに対する視線が変わってくるとは思うけど、ダンスを始めたときの気持ちを忘れずに。継続は力なりで、続けることが大事。
☆-SUKE:レッスンを受けるときは、その先生のスタイルや言っていることを真っ白になって吸収していって、その先生のスタイルに染まるぐらいの気持ちで、毎回のレッスンを大切にしてほしい。色々なジャンルのダンスをしっかり学べる場所は、ここしかないと思います。