長田翔平
Q.テーマパークダンサーを目指したきっかけを教えてください。

もともとこの学校に入るまでは、ストリートダンス中心で踊っていて、正直言って始めのころは、テーマパークダンサーといわれても全然ピンときませんでした。でも学校に入って、舞台公演でシアターナンバーに出演することになったことがきっかけとなり、シアターダンス(テーマパークダンサー)と言うものに魅力を感じていきました。今まで踊っていたストリートとは、違った表現力が魅力で、「シアターダンスを踊って沢山の人たちを喜ばせたい!」と思うようになり、テーマパークダンサーを目指そうと思いました。

Q.学校にはいって良かったことは?

僕の入っていたクラスでは、ストリートから、シアターまで様々なジャンルのレッスンが習えたので、ダンス技術が全体的にあがったことと、色々な知識と経験が得られました。 自分のダンスの表現の幅も広がったように思いますし、在学中は、ダンスイベントやバックダンサー、ミュージカルなど、さまざまなステージを経験させてもらいました。 先生方や職員の方たちもみな親切で、人のつながりがとても強い学校だなと感じました。

Q.学んだことは役に立っていますか?

今思えば全部が役に立っています。学校で習っていたバレエやコンテ、JAZZなどがとても重要だったと感じていますし、特にシアターのレッスンではやったことのない動きや表現が多かったので、その経験が色々と役に立っています。ショーで突然やったことのないような振りが来ても、ある程度の応用が利きますし、舞台の勉強もしたので、その経験と知識がかなり助かっています。

Q.現場の雰囲気を教えてください

皆さんプロ意識がとても高く、開放的で活気のある雰囲気です。僕自身毎日刺激を受けています。テーマパークではより高い表現力、スキルが求められるので、自分もそれに応えようと必死に頑張っています。先輩も、同期の仲間も真剣に取り組んでいますが、行き詰った時は、気軽に相談に乗ってくれますね。テーマパークダンサーはお客様との距離がすごく近いので、反応がダイレクトに返ってくる。楽しんでくれてる笑顔がすぐ近くで感じられるというのはすごく励みになります。

入学を検討している方たちへメッセージをお願いします。

この学校は、同じ目標を持った仲間が沢山いて、良いライバルとしてお互いを高めあっていけることができます。学校の規模があまりに大きくないから、先生や友達との距離が近く、より密な関係が築けますし、それと何よりも先生が熱心に教えてくださることです。学生への目配りが行き届いていて、最適な環境で学校生活をはじめ、レッスンに取り組めますよ。

長田翔平