能美健志
数々のコンクール等でグランプリを受賞した後、1997年「能美健志&ダンステアトロ21」主宰し、国内外で公演を行い高い評価得ている傍ら、新国立劇場、バレエ団、ダンスカンパニーに作品を委嘱され発表している。大学、専門学校等で講師を勤め、ダンスを通じた人間教育にも力を入れている。またTBS系ドラマ「きみはペット」のダンスシーンの振付や嵐のコンサートツアーで松本潤の振付なども手がけている。