Principal of Education教育理念

東京ステップスアーツ 4つの教育理念
可能性Possibility
教師と講師のプロジェクトにより、技術・知識のみならず個性や可能性を引き出す教育。

教師と講師のプロジェクトにより、ダンス、歌(ヴォーカル)、俳優(演技)、モデルのウォーキングやメイクなど技術・知識のレッスンだけでなく、 個性や可能性を引き出す教育を実施。本学院では行き届いた教育を実践するためにパーソナルカルテを制作。メンタル面のカウンセリングから、性格、特技、経験や目指していく将来に合わ せたアドバイスで長所を伸ばしていきます。バックダンサー、テーマパークダンサー、ダンスインストラクター、歌手、俳優、モデルを目指す個人個人の卒業後の進路に向けて、強い意識を持って ダンスや歌(ヴォーカル)、演技、モデルのレッスンを受けることができます。

専門性Specialty
自分の進路に合わせ、幅広い科目と講師を選択できるカリキュラム体制。

自分の進路に合わせ、ダンス、歌(ヴォーカル)、俳優(演技)、モデルのウォーキングやメイクなどの中から幅広い科目とインストラクターを選択で きるカリキュラム体制を敷いています。ダンスや芸能界のあらゆる方向に対応できる基本テクニックを充分に修得した上で(1年次)、個々の方向性を重視したカリキュラム選択でバックダン サー、テーマパークダンサー、歌手、俳優、モデル目指す専門性を高めていきます。(2年次)

将来性Future
卒業後、即戦力として活躍していくための教育。

卒業後、ダンスや芸能界でバックダンサー、テーマパークダンサー、ダンスインストラクター、歌手、俳優、モデルとして即戦力として活躍していくた めの教育。テクニックだけでなくダンスや芸能界でプロとして活躍していくためのビジネス力を学びます。また普段のダンスや芸能のレッスンや発表会などで人間性を高め、社会人としての礼儀やマナーを学びます。

創造性Originality
新しいイベント時代の開拓を目指す。

新しいイベント時代の開拓を目指す。ダンスや芸能の舞台芸術を創作・制作の両面からとらえ、様々な角度から知識を高めます。創作面では、舞台構成法、照明と衣装、音楽効果、ダンスの振付、魅せるヴォーカルテクニック、演技演出などを学び、制作面では、予算の立て方、観客の集め方、宣伝の仕方、企画書制作法などを学び、ダンスや芸能の学生プロデュース公演を実践します。