STEPS ARTS COLUMNステップスアーツ・コラム

ダンスは子どもの心と身体を成長させる!期待できる6つのメリット
2018.11.13

ダンスは子どもの心と身体を成長させる!期待できる6つのメリット1

ダンスは子どもの心と身体を成長させる!期待できる6つのメリット1

中学校で必修科目となり、習い事としても人気になりはじめているダンス。習い事・資格情報を扱う『ケイコとマナブ』が発表した「習わせたいお稽古ランキング 2017年」では堂々の7位に入るなど、その人気は年々上昇しています。

 

ダンスを習うと全身運動を通して体力を向上させたり、多くの仲間たちと触れ合いながら人格的にも成長していったりとたくさんのメリットを享受できます。ただ学校のダンスの授業でよい成績をとる以上によい効果があるのです。

 

今回はダンススクールに通うことが子どもにどのようなメリットを与えるのかを見ていきたいと思います。

 

子どもがダンスを習う6つのメリット

 

ダンスのレッスンは、基本的にストレッチ、リズムトレーニング、基礎のステップ、コンビネーションという流れで行われます。定期的に発表会やコンテストもあるので、目標をもってレッスンに取り組むことができるでしょう。

 

1.柔軟性が身につき怪我しにくくなる

ダンススクールでは、基本的にダンスレッスンをはじめる前にストレッチを行います。これは基礎体力の向上や怪我の防止のためです。このストレッチを行うことによって、身体に柔軟性がついて怪我をしにくい体質になります。レッスン中は激しい動きをするため全身の筋肉を使います。したがって、レッスンを続けていけば瞬発力や持久力、心肺機能が改善され、基礎体力の向上も見込めます。

 

2.表現力が身につくだけでなくストレスも発散できる

内気な子どもでも、みんなの前でダンスを踊る経験を重ねていくことによって、人前で緊張せずに堂々と自分を発揮できる力を養えます。ダンスという方法を使って自己表現をできるようになるのです。また、ダンスという全身運動を通して喜怒哀楽などの感情を表現する方法を覚えれば、内にため込んでいたストレスを発散することも可能です。

 

3.仲間と一緒に踊るから協調性だけでなく競争心も養える

ダンスはソロで踊ることもありますが、レッスンではダンスのジャンルに関係なく、受講生みんなで一緒にダンススタジオで踊ります。ここで重要なのが、周囲と動きを揃えて統一感を出し、集団としてひとつの表現を作り上げていくこと。個人の技術を身につけていくと同時に集団行動も必然的に伴うので協調性・チームワークも身についていきます。みんなで一緒にひとつの目的に向かって頑張るという経験は心も成長させてくれます。

 

ダンスでは協調性も身につきますが、健全な競争心も手に入れることも可能です。ダンスのコンテストや発表会では、勝ち負け・順位がはっきりすることがあります。このような場で感じる「悔しい」「負けたくない」という気持ちを上手くコントロールして努力につなげる態度を養えるのです。このような姿勢はのちに子どもにとって大きな財産となっていきます。

 

4.学校以外の場所で友達を作れる

ダンススクールには普段学校で出会う仲間たち以外の子どもも通っています。新しい出会いが人を成長させるというように、ダンス教室での出会いでも子どもはグングン成長していきます。また、学校以外にも居場所を作ることもメリットのひとつ。学校で嫌なことがあっても、ダンスをすることで気分を切り替えられるかもしれません。

 

5.継続する力を養える

これはダンス特有というわけではありませんが、習い事をしていくなかで継続的にひとつの物事に取り組む力を養うことができます。ダンスはひとつひとつ決まったステップを覚えて、コンビネーションを増やしていく積み重ねが非常に大切になりますし、発表会やコンテストなどの目標があるので、目標に向かって継続的に努力する態度を身につけられるのです。

 

6.学校のダンスの授業に遅れなくて済む

ダンススクールで、ダンスをみっちり基礎から学べるため、学校の授業に遅れを取ってしまう心配はほとんどありません。仮に学校で上手くできなかったことがあったとしても、ダンススクールで講師に相談すれば、できるようになるコツをアドバイスしてくれますし、練習を一緒にできます。

 

 

ダンスは子どもの心と身体を成長させる!期待できる6つのメリット2

ダンスは子どもの心と身体を成長させる!期待できる6つのメリット2

 

ダンスは子どもが楽しみを感じる環境で学ばせるのが上達への近道

 

ダンスは多くのアーティストやアイドルが踊っているため、憧れから積極的にレッスンを受ける子どももいますし、ただ授業に遅れないようにと習っている子どももいます。ここで重要なのは、子どもが自発的に踊りたいと思うようになること。ダンスの楽しさを感じないまま惰性で続けていてもあまり効果がありませんし、子どもにとっても有意義は時間とはなりえません。

 

子どもたちがのびのびとダンスを学び楽しめるように、ダンススクールは様々な工夫を凝らしています。見学会や体験レッスンなども開催しているスクールも多いので、ぜひこのような制度を利用してみてくださいね。