STEPS ARTS COLUMNステップスアーツ・コラム

コラム1
1 / 1712345...最後 »
男だって応援したい!今チア男子部が熱い
2016.04.26

133947これまで女性の競技と思われていた「チアリーディング」ですが、最近取り組む男性が増えてきています。

既に明治大学や東海大学などでは、男子だけのチアリーディング部が結成されていますし、高校生でもチアリーディング部を結成するようになっています。これまで女性が多かったスポーツで活躍する男性のことを「女子スポ男子」と呼ぶなど、今後もこういった流れは加速していくでしょう。

そもそもチアリーディングとは、ポンポンなどを手に持ち、リズミカルな音楽に合わせたダンスやパフォーマンスを繰り広げ、一般的にはスポーツの応援をすることを言います。

ではなぜ、男性がチアリーディングをするようになったのでしょうか?
きっかけは、2013年に集英社が発行した『チア男子!!』。著者は『霧島、部活やめるってよ』で有名な浅井リョウさん。それまで柔道一直線でやってきた主人公が怪我をきっかけに退部。そんなときに幼なじみに誘われて男子チアチームを結成するのです。最初は男子がチアをすることに抵抗のあった主人公ですが、仲間との出会いと通じて次第にチアの持つ魅力に引きこまれていくという,青春ストーリーです。

この小説に影響を受けた全国の男性が「俺もチアリーディングがしたい!」と始まったのがチア男子。今もどこかの学校、団体で新しいチア男子部が結成されているかもしれません。

世界でも有名なチア・ダンスイベント「ジャムフェスジャパン(JAMFEST! JAPAN)」でも、男子部の勢いは止まらず、男性のみ(All me)のチームが参加。男性ならではのダイナミックな演技で会場を沸かせています。この模様はテレビでも大きく紹介されたので、もしかすると観たという人も多いのではないでしょうか。

男性チームだけではなく、女性ばかりのチア部に混じって奮闘する男性の様子が,野球やサッカーなどの応援で紹介される姿も珍しくなくなりましたよね。

もちろん彼らはふざけてチアリーディングをしているわけではなりません。彼らが競技に撃ちこむ姿は真剣そのもの。最近では、日本だけでなく国際的なチアリーディングの大会に参加する男性チームも増えてきています。

「チアリーディングは女性の競技」。こういった認識が変わるのはそう遠くはないのかもしれませんね。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

人前でダンスを踊る時は緊張するのは当たり前です
2016.04.24

6ddadfd6a07dd582d7717070402d7ee3_s「ダンスを踊るときに、いつも緊張してしまう…

人前で踊るダンサーにとって、多くの人が抱える悩みですよね。
ダンスコンテンストの控室や舞台に上がって待っている間、ドキドキして全身から汗が吹き出て手も震えてくる。なんだか弱気になって「間違えるかも、失敗するかも…」って悪いことばかりを考えてしまいますよね。

でも、「一度も緊張したことがない
人なんているのでしょうか?ダンスが上手な人、ダンススタジオのインストラクター、何度も有名なコンテストで入賞しているダンサー、誰に聞いても緊張しない人なんていないと思います。人間、人前に出るときに緊張しない人なんていないんです。人前に出るときに緊張するのは、当たり前のことなんです。

それでは、どうして人は緊張するのでしょうか?緊張するというのはどういうことなのでしょうか?
一般的に緊張すると下記のような症状が起きます。

・心臓の鼓動が速くなる
・全身から汗が噴き出してくる
・身体に力が入って固くなる
・手や脚が震えてくる
・急に不安になってくる

実はこれって人前に出る時は起きて当たり前のことなんです。これからステージに立って、全身を使って自分を表現するための準備なんです。

そのためには 心臓は鼓動を速くして全身に酸素を贈る準備をしますし、汗を出して身体を暖めなければいけません。身体に力が入るのは力をためているからだし、震えてくるのは筋肉をほぐしているからです。ステージ上で最高のパフォーマンスを見せるために全身が準備しているんですよ。

だから、緊張は悪いことではありません。仮にまったく緊張しないでステージに上がっても、身体の準備ができていないので、思うような動きができないかもしれません。緊張はステージで最高のパフォーマンスを見せるために必要なんです。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス&芸能専門学院をお勧めしします。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

ダンスで人気者になる方法
2016.04.22

86e2e2c2738f1e4615903a3b12b26366_sダンスを上手に踊れる人は、老若男女を問わずとても格好良いものです。

最近のヒット曲はダンスがセットになっているものが多いので、カラオケでダンスを披露すればみんなに喜んでもらえます。友人の結婚式の余興でダンスを披露すれば一目置かれますし、ときには飲みに行った時にダンスを披露する機会が突然訪れるかもしれません。

どのようなケースでも、ダンスを上手に踊れば一瞬にして人気者になることができるのです。

ダンスは特別な機材を必要としないので、他の特技のように事前に道具を必要しませんし、特別に場所を確保する必要もありません。踊る機会さえあれば、一人でどこででもダンスを披露して人気者になることができるのです。

ただし、何の準備もなく上手にダンスが踊れるかというとそんなことはありません。特に人気者になれるほどのダンスを披露するには、それ相応の準備が必要なのです。

しかし、ダンスの経験者ならまだしも、社会人になってから、注目を集めるほどのダンスの技術を習得するのは簡単ではありません。

自宅で動画サイトを見ながら見様見真似で振り付けを踊ったとしても上手くは踊れないでしょう。

なぜなら、基礎となるステップが全くできていないからです。

ダンスを独学で習得するのは簡単ではありませんし、ダンスの経験がない人にとっては時間がかかるだけの効率が悪い作業なのです。

そこで、おすすめしたいのがダンススクールです。

ダンススクールに通えば、基礎となるステップを簡単に身につけ、短期間で上手にダンスが踊れるようになるのです。

もちろん経験豊富なインストラクターが指導するので上達する速度もまったく違います。自分では気づかないようなダンスのクセもすぐに修正してもらえます

上手くダンスが踊れると、自分に自信を持つことができますし、日頃の運動不足を楽しみながら解消できるようにもなります。引き締まった美しい身体を手に入れることもできます。

人気者になるために、ダンススクールを利用してみてはいかがでしょう。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス&芸能専門学院をお勧めしします。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

女性ダンサー必見!ダンスにまつわる女性ならではの不安と悩み
2016.04.20

f9dae5bcc70a71ae4186e6e64f628e1b_s女性ダンサーにとって、ダンスはダイエットや美容、ストレス発散などたくさんの良い効果を持っています。それだけではありません。ダンスを始めることで、友達や恋人との出会いだって待っているかも知れません。

しかしダンスに限りませんが、必ずしも良い面だけとは限りません。ダンスには女性ダンサー特有の不安と悩みもあるようです…。

そこで今回は、女性ダンサーにまつわるダンスの様々な不安と悩みについてまとめてみました。

・筋肉がつきすぎる
ダンサーにとって筋肉は、ダンスを安定させるための重要な要素です。

しかし、女性としてはあまり身体に筋肉がつくのも困りもの。

でも心配はいりません。動きの激しいダンスでも、女性の身体に過剰な筋肉をつけることはほぼありません。

それどころかダンスは女性にしなやかな筋肉をもたらします。

身体全体がひきしまるようになるので、女性らしさをキープしたまま健康的な身体になれるのです。

・肌を露出しすぎる
一般的に女性ダンサーは男性と比べて肌を露出する衣装が多いです。

そのため、あまり肌を露出したくない女性にとっては抵抗があるかもしれません。しかし、全てのダンスがそうだとは限らないのです。

ヒップホップなどは普段着に近い衣装で踊ることが多いですし、一般に露出度が高いと言われる衣装でも、装飾を増やすことで露出を抑えることができます。

ダンスをするからといって必ずしも肌を露出する必要はないのです。

肌によくない
ダンスをすると肌が荒れるという印象を持っている人がいるかもしれません。

これはダンスが肌に悪影響を及ぼすのではなく、汗をかいた後のケアを怠ったことが主な原因です。

対処法としては、ダンスで汗をかいた後はすぐにシャワーを浴びて、保湿などの美容ケアを行うことです。

ダンスなどの運動は、身体の代謝を高める効果があるので、代謝が高くなると肌の老廃物を押し出します。むしろ肌に良い影響を与えると言っても良いでしょう。

・男性が多い
ダンスというと、どうしても男性が多いというイメージを持っている人も多いと思います。

けれど、スクールではむしろ女性の方が多いのです!

一概には言えませんが、男性はプロのダンサーを目指す人が多く、メディアにも積極的に出る傾向がありますが、女性は趣味としてダンスを習う人が多いようです。

そのため、あまり積極的に前面にでることは少ないですが、男女比で見ると女性のほうが多いのです。

・練習場所がない
ダンスはどこででも練習できるとはいえ、ある程度の音量で音楽を流すので公共の場では練習しにくいものです。

男性なら夜の公園などでも練習ができるかもしれませんが、女性には安全面から考えて推奨できません。

だからと言って自宅のマンションで踊ると下の階の人に迷惑がかかってしまいますし、駅前などで踊るわけにもいきません。

こういった場合はダンススクールに通うのがおすすめです。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス&芸能専門学院をお勧めしします。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

社会人がダンススクールを選ぶ時に気をつけたいたった1つのポイント
2016.04.18

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s習い事と聞くと、何をイメージしますか?

ある一定以上の年代では、子供のころの習い事はあまり楽しかった記憶のない人が多そうです。これは、多くの人が自分から始めた習い事ではなかったから、というのが大きな理由のようです。

両親が子どもに学ばせたい習い事というのは、たいてい子どもの希望と一致しないことが多いようです。

しかし、社会人になってから始めた習い事は意外と長く続くもの。これは、自分から始めたというモチベーションの違いが影響しているからです。

この中でも、社会人の習い事として人気が高いのがダンスです。それまで全く経験がなかったにも関わらず、新しくダンスを始める社会人が増えています。

しかし、経験のない社会人が実際にダンスを始めるとなると、難しい問題も生じます。

それはダンスに割く時間がとりにくいことです。一般的に社会人は時間に都合がつきにくいため、ダンスのレッスンを予約しても実際に通えるか分からないことが多いのです。

そのため、せっかく入学しても思うようにレッスンを受けられず辞めてしまうことも少なくありません。

そんな方におすすめしたいのは、平日の夜や土日に、社会人のためのコースを用意しているダンススクールです。

こういったダンススクールは気軽にダンスを楽しむことができるよう配慮されていることが多く、ダンスのジャンルも多様です。さらに、好きなときに通えるオープン参加であれば、時間の都合がつきにくい社会人でも気軽に通えます。

スクール生も、同じようにダンスを楽しみたい社会人が多く集まりやすいというのもダンススクールのポイントです。レッスン内容はさほど高度すぎることもないので体力的にもついていきやすいでしょう。

もし、将来はもっとレベルの高いダンスに挑戦したい場合は、高度なレッスンが受けられるコースに移行しても構いません。いきなり高いレベルのレッスンに入るよりも抵抗なく取り組むことができるはずですよ。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

子どもたちがダンスを通じて得られるメリット
2016.04.16

edfa270863ce1cafc6860ac65c7406b2_sダンスが必修科目となったことで、子どもたちがダンスに触れる機会はますます増えていくと予想されます。しかし運動が苦手な子どもにとって、ダンスはハードルが高いものです。そのような子どもたちにも、小さい内からダンスの経験を積ませることによって、そのハードルを下げてあげることができます。

またダンスは、子どもたちに技術を教えるだけではありません。ダンスを学ぶことによって子どもたちは様々なものを得ることができるでしょう。今回はダンスを通じて子どもたちに学ばせてあげることができるいくつかのポイントをまとめてみました。

・体力
ダンスは身体を大きく動かします。特にキッズダンスは比較的動きが激しいので、自然と体力が必要になってきます。とはいえ、辛いトレーニングなどはあまり必要ではありません。育ち盛りの子どもたちは、ダンスを通して自然に体力がついていくのです。

・社会性
ダンスは社会性を育みます。最近の子どもたちは外に出て遊ばないと言われますが、パソコンやゲーム・スマートフォンなどがこれほど普及した日本では、わざわざ外へ出て行かなくても楽しいことがいっぱい。そのような環境では、他の子どもたちとコミュニケーションをとる機会が減ってしまうのも無理はありません。
しかしダンスレッスン中は、身体の動きを通じて周囲の友達とコミュニケーションをとることが重要になります。独りよがりな動きでは良いパフォーマンスはできないからです。そのように身体を使ったコミュニケーションで、社会性を身につけることができるのです。

・協調性
社会性とも関連しますが、ダンスは協調性を育むのに大変適しています。ダンスは一人で孤独に踊るものではありません。特にキッズダンスの多くはみんなで一緒に踊ることを前提に作られています。時には友達と協力しあったり、競争したり、励まし合ったりすることで協調性を獲得していきます。

・表現力
ダンスは身体全体を使って自分を表現するものです。曲を聞いて自分なりにイメージしたものを動きで他者に伝えることができます。例えば同じ振付だったとしても、ダンスを踊る人によって見ている人が受け取る印象は変わります。個性を育み、それを表現する力を身につけることができるのです。

・積極性
子どもたち一人ひとりは個性を持っています。もちろんその中には人前に出ることが苦手だったり、消極的な性格の子どももいるはずです。そういう子どもたちは、ダンスを通じて積極性を身につけることもできます。また、特定の科目やスポーツが苦手な子でも、ダンスが踊れるようになってくると自信を持つことができるケースも見られます。

今とりあげた意外にも、例えばストレスの解消や、友達作り、柔軟性やリズム感など、ダンスを通じて得られるメリットは様々です。もし機会があれば、できるだけ小さい内からダンスを学ばせてあげることをおすすめします。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。小さなお子さま、ダンスが初めてのお子さまにはキッズコースも用意しています。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

子どもがダンスを上手く踊れるようになる5つの具体的な方法
2016.04.14

006e49437e078d5fbc3bf50bc52a0b14_s学校の授業でダンスが必修科目となり、徐々にではありますが子供たちの間でも、ダンスの上手い子と上手くない子の差が出てくるようになっています。

本当はダンスは好きだけど、上手く踊れないために嫌になってしまう子どもも増えています。

そこで今回は、子どもがダンスを上手く踊れるようになる5つの具体的な方法を紹介します。

体力をつける
当然のことですが、ダンスには体力が必要です。

どんなに優れたセンスや技術があったとしても、体力がないようですとダンスは踊れません。

普段から規則正しい食事と生活を心がけ、体力をつける運動を取り入れるようにしましょう。

リズム感を磨く
ダンスといえばリズム感が大切です。

リズム感を養うには音楽を聞きながら身体を動かすのが一番。

最初は上手くリズムをとれていなくても、子どもは柔軟性が高いのですぐに吸収します。

リズム感はダンスだけでなく他のスポーツや音楽はもちろん、英語など語学の習得にも役立ちます。積極的に取り組んで下さい。

自宅で練習する
繰り返し練習することがダンスを上手く踊るための一番の方法です。

学校などで新しいダンスを習ったら、その日の内に繰り返し練習するようにしてください。

頭で考えるのではなく、繰り返し身体に覚えこませるようにするとすぐに上達するようになりますよ。

親も一緒に応援・サポートする
子どもがダンスを習ううえで、親のサポートは必須です。

子どもがダンスの練習をしやすい環境を作るようにしてあげて下さい。

上手く踊れない時は励ましてあげる。新しい動きができるようになったらしっかり褒めてあげるといったケアをしてあげましょう。

ダンスは一朝一夕で習得できるものではありません。継続できるよう精神面でのサポートを心がけてください。

●ダンススクールに通う
学校の授業で義務化されたとはいえ、ダンスを練習できる施設は多くありません。

公園では他のスポーツを楽しむ人が多いですし、夜中のビル前で踊るのは子どもには危険が多すぎます。

そのため、子どもがダンスを踊るのならダンススクールに通うのが一般的です。

スクールであれば踊る場所は十分確保されていますし、指導経験が豊富なプロのインストラクターの指導を受けられます。

それに友達と一緒に踊ることで子どものダンスにかけるモチベーションが上がるようにもなります。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス&芸能専門学院をお勧めしします。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

子どもがキッズダンスを始めて役立ったこと
2016.04.12

469ad78187f1d71f0d5f1ab139e9893b_s近年、子どもたちの間でダンスの人気が高まっています。昔は習い事といえば、学習塾、そろばん、お習字、ピアノが定番でしたが、最近は大違い。これには中学校の授業でダンスが必修化されたということも影響しているでしょうが、難しい理由はありません。ダンスの人気が高まった理由は、単純にダンスの楽しさが認められてきたからではないでしょうか。

子どもたちは、もともと身体を動かすのが大好き。音楽に合わせて自由に体を動かすダンスは子どもたちにぴったりの趣味なのです。テレビをつけると男性、女性問わずたくさんのダンサーを見にしますよね。子どもたちがあこがれるのは自然です。だけど、ダンスが身近でなかった両親の世代は、子どもがダンスを習いたいといってもピンと来ないことが多いのではないでしょうか。そこで、今回は、キッズダンスが子どもにもたらすメリットについてご紹介します。

子どもがキッズダンスを始めて役立ったこと
・リズム感が身につく
リズム感は大人になってから身につけようとしても難しいもの。だけど子どもは、考えるより先に感覚で覚えてしまうので上達も早く、ダンスに必要なリズム感も自然に身につけます。一度身につけたリズム感は他のスポーツや音楽、演劇などで幅広く応用できます。

・基礎体力がつく
最近は、テレビゲームの普及や治安の悪化などで、子どもたちが外で身体を動かす機会って少ないですよね。このような状況に伴い、子どもの運動不足が社会的な問題になっています。ダンスは全身を思い切り動かすので基礎体力が付きます。子どもの内に体力をつけておくことは、長い人生でとてもプラスになります。

・交友関係が広がる
ダンスを始めると、家の近所や学校の友達とは別の交友関係が生まれます。ダンスを通じて生まれた交友関係は、学校の友達と違い、同じ趣味を通して知り合った仲間です。場所や地域の異なる交友関係の形成は一生の宝となるでしょう。

・協調性がつく
個人で行うダンスもありますが、ダンスは大勢で楽しむことが圧倒的に多いです。特にキッズダンスは一人で踊ることは稀です。みんなで一緒にダンスの練習をして、コンテンストに参加する過程で、励まし合ったり一緒に喜んだり。こういった経験から自然と協調性を身につけます。

子どもがダンスを通じて得られるメリットについてご紹介しました。他にも自分に自信が持てたり、親子のコミュニケーションになったり、ここで取り上げきれないほどダンスは魅力を持っています。キッズダンスを始めることで、子どもの将来の可能性は無限に広がります。子どもに何か習い事をさせたい、または子どもが何かしたいと思っているときは、ぜひダンスも候補にいれてあげてください。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。小さなお子さま、ダンスが初めてのお子さまにはキッズコースも用意しています。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

筋肉をほぐすストレッチは逆効果?これからは骨ストレッチが新常識
2016.04.10

5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s運動の前は怪我をしないようにストレッチで筋肉をよく伸ばしておきましょう。

子供の頃から、常に言われてきたことですよね。

でも、運動前のストレッチが必ずしも怪我の予防に繋がるとは限りません。それどころか、ストレッチをすることで怪我をする可能性が増えることもあるんですよ。

いったいどういうことでしょうか?見ていきましょう。

一般的に、ストレッチは激しい運動を行う前後に必須とされています。

ストレッチで身体中の筋肉をほぐすことで、身体の緊張が取れて動きやすい体になり、怪我を防ぐ効果があると考えられているからです。しかし、実はストレッチが怪我を防ぐ効果については、科学的な根拠が全く証明されていないのです。

それどころか、運動前のストレッチは筋力を弱めるので逆効果だとも言われています。実際にあるトレーニングジムでは、以前は場所を確保することさえ困難であったストレッチスペースが、最近では誰も筋肉のストレッチをしていないというようなこともあるそうです。

その筋肉ストレッチに代わり、新しく注目されているのが骨ストレットです。

これは従来のように筋肉を伸ばすストレッチではなく、骨を効果的に動かすことで全身のバランスを整え、筋肉や関節の柔軟性や可動域を向上させる方法です。

従来のストレッチと同様、特別な器具を必要とせずどこでも実践でき、すぐに効果を体感できるストレッチだと言われています。

「骨ストレッチ」の考案者は、陸上100メートルで10秒20の記録を持ち、多くのオリンピック選手を指導したことで知られるスポーツ専門の整体師さん。

自身が怪我に悩まされてきた経験を踏まえて、従来の筋肉ストレッチを見直し、骨ストレッチを発案したそうです。

骨ストレッチには様々な動きがありますが、基本的には身体の末端部分を制御し、あえて腕や足を動かしにくい状態にすることで、体幹部分を半ば強制的に動かします。

そうすることで、体幹部分の骨が連動して動き、全身の骨組みや関節、筋肉も一斉に動くのです。

運動前に骨ストレッチを行うと、筋肉の張りや関節の詰まりが瞬時に解消され、怪我の予防や改善になるそうです。

従来の筋肉ストレッチが身体に合っていないと感じたときは、一度試してみてはいかがでしょうか。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

楽しみながら痩せられる!ダンスダイエット2
2016.04.08

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_sダイエットというと辛い食事制限がつきものです。そこでダイエットにダンスをとり入れてみませんか?ダンスであれば10分程度の隙間時間で気軽に踊れるし、何より楽しくダイエットができるのがポイント。身体を大きく動かすので、ただ痩せるだけではなく均整の取れた美しいプロポーションを手に入れることができるということで人気が高まっています。今回はダンスダイエットの効果について詳しく見ていきましょう。

ダンスダイエットの効果
ダンスダイエットは、普通のダイエットに比べ様々なプラスの効果を持っています。

・基礎代謝があがります。
ダンスは全身の筋肉を使います。そのため、ダンスをすると身体全体の筋肉量がアップします。筋肉量がアップすると基礎代謝が上がり消費カロリーが増えていきます。消費カロリーが増えるので、食事はそのままにダイエットができます。ただ痩せるだけではなく、筋肉量が増えるので身体全体が引き締まりますよ。

・部分痩せができる
一般的なダイエットは全体的に痩せることを目的としているので、部分的に痩せたいというのは難しいです。お腹を引き締めたいからと言って、腹筋だけをすればいいというものではありません。けれど、ダンスダイエットなら狙った箇所に絞って引き締めることも可能。動き次第ではピンポイントで狙って引き締めることができちゃうんです。

例えば、中東で踊られるベリーダンスはお腹をくねらせたり大きく左右に振ったりするのが特徴。腹筋がついてくびれも出てきます。バレエはひきしまった細くて綺麗な脚と腰のくびれを手に入れることができます。

・楽しく続けられる
ダンスダイエットは、好きな音楽に合わせて踊るので楽しいです。自分がどれだけ踊れるようになったか、上達も目に見えるので達成感も味わえます。何か好きなモノを我慢するダイエットよりも続けやすいですよね。

ダンスダイエットを始めるには?
ダンスダイエットを始めるなら、ダンススタジオに通うのが一番です。やった事がないからと気後れしなくてもOKです。たいていのスタジオは、上達具合に合わせて「初級」「中級
などのクラス分けがされています。最初は初級コース、慣れてきたら中級や上級へと進めます。インストラクターが丁寧に指導もしてくれるので、分からない時に聞けるので安心です。

東京・高田馬場駅から徒歩3分にあるダンス&芸能専門学院、ダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでは、優秀なスタッフ、コーチ・インストラクターが在中しています。プロのダンサーを目指す方、趣味で仕事帰りに汗を流す方、お子さんとコミュニケーションを深めたい方など、それぞれの目的に合わせたレッスンが可能です。ダンスが初めての方には入門クラスを用意しています。プロダンサーを目指す方は、ダンス&芸能専門学院をお勧めしします。是非、貴方も東京都内のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみませんか?体験入学・レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

1 / 1712345...最後 »